和装前撮りのススメ

v

studio feel~福岡・熊本 スタジオフィール HOME > 和装前撮りのススメ

“和装前撮り”はなぜ人気?

ウエディングドレスとタキシード。雰囲気を変えてのカクテルドレス。
結婚式当日には着るけどやっぱり白無垢や色打掛で、日本女性らしく変身してみたい。

そんなカップルの皆様にぜひお勧めしたいのが、スタジオフィールの和装前撮りプランです。「人生の一大イベントだから全部残したい!」そんなご希望から、たくさんのカップルが和装前撮りを選ばれています!

なぜ「和装」を「前撮り」するの?

なぜ「和装」を「前撮り」するの?

結婚式で着る一般的な衣裳の数は2~3着。式で純白のウエディングドレス、そのまま披露宴へ。そしてお色直しでカクテルドレス、そのまま二次会へ(二次会用で衣裳替えをするケースもあり)というのが王道パターンですよね。

神前式や仏前式でないかぎり、披露宴のお色直しなどで和装を着るカップルはあまり多くありません。

当日に無理矢理着るほどでもないけど、和装姿も写真に残したい……というのが花嫁さんのホンネ。だから、「和装」を「前撮り」にするのがオススメなのです。

和装前撮りのメリット

落ち着いて撮影に臨める

結婚式当日は、式・披露宴・移動etcで常に慌ただしく動いています。たくさんのゲストと記念写真は撮るものの、あらたまってカメラに向かう時間はごくわずか。

衣裳替えのたびに分刻みの記念撮影をするよりも、「今日は『和装だけ』の前撮りの日!」と設けてしまったほうが、時間にも心にもゆとりをもって臨めるので、いい写真が撮れます。

細部の仕上がりがいい

細部の仕上がりがいい

普段着慣れない和装で心配なのは着崩れや所作。

「着物なんて成人式以来!」という花嫁さん、おしとやかなふるまいで結婚式当日をずっと過ごせますか?

自信がないというあなたには、前撮りがオススメです。和装の扱いや所作に慣れたスタッフ・カメラマンが、写真映えを考えで細部までチェック&フォローしてくれます。

ヘアメイクはもちろん、体の向きや手先の見せ方まで整った、美しく晴れやかな和装姿を写真に残せます。

予行演習になる

衣裳への着替え、ヘアメイク、カメラマンによる撮影など、慣れないことだらけなのがブライダル。

和装と洋装で違いはあれど、前撮りをしておけばその予行演習になるので結婚式当日の戸惑いがグンと減ります。本番に余裕をもって臨めるのも前撮りをすることのメリットのひとつです。

結婚式前後でいろいろ使える

前撮り写真は、披露宴会場でのお披露目、ウェルカムボードやペーパーアイテムへの使用、ゲストへのご案内など、いろいろな場面で使えます。

結婚式の写真を待っていたら年賀状に間に合わない!というシーズンでも、前撮り写真があれば問題ありません。

一生の思い出になる

一番の思い出は結婚式。

だけど、ふたりでゆっくり晴れ姿で過ごせる前撮りの日も、実は特別な思い出になります。

周りにいるのはカメラマンとスタジオフィールスタッフだけ。お互いの和装姿にドキドキしながら過ごす時間は、「すごく楽しかった」「いい思い出になりました」と大好評です。

前撮りでロケ撮影をしよう!福岡市のおすすめロケスポットはこちら

キャンペーン情報はこちら Information campaign

page top